東武鉄道 アーバンパークライン 愛宕駅

高瀬舟・現代の川

作品情報

醬油をはじめとする地域産業を水運で支えた「高瀬舟」をモチーフとし駅外装や駅内部に「舟底型」や「帆」を思わせる形態を取り入れています。駅内部で自由通路からコンコースに向かう折り上げ天井は、「現代の川」を表現し、天井高さが変化する印象的な空間構成となっています。

工事竣工年 2021
建築主 東武鉄道株式会社
所在地 千葉県野田市中野台
主要用途 駅舎
構造/規模 鉄骨造/1階
延床面積 542.78㎡
備考 旅客トイレ設計協力:(有)ゴンドラ

東日本総合計画株式会社への設計協力

back-to-top