日比谷OKUROJI

レンガアーチ造高架橋の100年の歴史を内包した新たな商業空間

作品情報

当施設は、明治時代のレンガアーチ造である山手線京浜東北線高架橋、曲線が美しい東海道本線高架橋、耐震補強された東海道新幹線高架橋の下に位置し、約300mの通路を有す高架下商業施設である。それぞれの特徴的な高架躯体の存在感をそのままに、空間を柔らかくライティングし、建築部分の主張を抑え、内部に面したレンガアーチ橋との一体感を出すことで100年の歴史を肌で感じられる新たな「奥」「路地」空間となっている。

工事竣工年 2020
建築主 ジェイアール東日本都市開発
所在地 東京都千代田区
主要用途 飲食店・物販店
構造/規模 鉄骨造/2階
延床面積 約5,430㎡
備考 基本調査設計
協力:AE・SUPERBALL・
吉田祐一建築設計事務所
写真:㈱イメージグラム

新建築2020年12月号
日経アーキテクチャー
2020年10月22日号ほか掲載
back-to-top