相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅

人と触れ合う、自然と触れ合う、風景と共生する駅

作品情報

横浜国立大学の最寄り駅、相鉄線の都心乗入れの起点となる新駅。周辺環境との繋がりや、省エネルギーにも配慮し、コンコースの屋根に膜構造を採用。地下空間となるプラットホームにも自然光を取り込む採光シャフトを設けている。仕上げ材料や色彩は、相模鉄道デザインブランドアッププロジェクトの方針を踏まえ、時代の変化に左右されず、周辺環境との共生を意識し選定している。

工事竣工年 2019
建築主 独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
所在地 神奈川県横浜市神奈川区羽沢南
主要用途 駅舎
構造/規模 土木躯体・鉄骨造/地下2階・地上2階
延床面積 1,392.444㎡
back-to-top