東武鉄道 東上本線 鉢形駅

作品情報

1925年の新築から約90年経過した旧鉢形駅を 東武東上線開業100周年に 合わせてリニューアル工事を実施した。 水車小屋風デザインの新駅舎は、自然豊かな地域性を汲み、濃茶色を基調とし統一感のある駅に仕上げた。利用されるお客様を温かくお迎えし、地域に愛されるデザインを目指した。

工事竣工年 2015
建築主 東武鉄道株式会社
所在地 埼玉県大里郡寄居町大字鉢形
主要用途 駅舎
構造/規模 木造/1階
延床面積 約160㎡
受賞 2015年 鉄道建築協会賞
作品部門 推薦 ローカルカラー
back-to-top