東武鉄道 東上本線 男衾駅

作品情報

旧男衾駅は東口のみ開設された地平駅であったが、近接地に大型工場が建設され利用者数の増加が予想されたことにより、東西自由通路の新設及び駅舎改修工事が実施された。東西自由通路は、未来へ向かうイメージとし、印象的なV字柱とガラスフェンスを採り入れた開放的なデザインとした。駅舎は自由通路のデザインに合うよう配慮しながら、明るく快適になるように計画した。

工事竣工年 2016
建築主 東武鉄道株式会社
所在地 埼玉県埼玉県大里郡寄居町大字富田
主要用途 自由通路・駅舎
構造/規模 鉄骨造/2階
延床面積 約 820㎡
back-to-top