北海道新幹線/JR函館本線 新函館北斗駅 北斗市観光交流センター

北の大地で人々を温かく迎え入れる開かれたエントランスの駅

作品情報

北海道で初の新幹線駅の一つで、新幹線橋上駅・自由通路・北斗市都市施設・在来線駅舎が一体となり構成される。寒さの厳しい北の大地で、陸(おか)の灯台のように、道標として温かく佇むような駅をイメージした。ファサードは人々を迎えるゲート性を意識し、正面のガラスの大開口を通して、道南杉を使った内部空間やポプラの木立をイメージした構造柱が見え、駅とまちをつなぐランドマークとして力強く存在している。

工事竣工年 2015年
建築主 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構
北海道旅客鉄道株式会社
北斗市
所在地 北海道北斗市市渡
主要用途 駅・都市施設
構造・規模 鉄骨造/3階
延床面積 16,358㎡ (総床面積)
受賞 2016年 鉄道建築協会賞
作品部門 入選
back-to-top