北陸新幹線 白山総合車両基地

作品情報

北陸新幹線の営業車両の検修作業を行う車両基地。基地の中心となる仕業交番検査庫と台車検修場の合築建物(長さ約388m、幅約187m、延床面積約28,600㎡)、その他十数棟の関連建物の設計を担当した。
採光・換気の確保の為、屋根部折板トップライトや越屋根部に自然換気システムを設置し作業環境の向上に努めた。建物からも望める名峰「白山」をイメージし、ベースは白色系でアクセントを青色として構成した。

工事竣工年 2015
建築主 独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
所在地 石川県白山市宮保町
主要用途 車両基地
構造/規模 鉄骨造/2階
延床面積 仕業・交番・検査庫:28589㎡他
back-to-top