九州新幹線 熊本駅

悠久なる自然と風格が映える駅

作品情報

「見える駅」「感じる駅」「やさしい駅」をテーマとし、駅前広場に張り出す大屋根が特徴的な、開放感のある駅舎として設計を行った。出入口は城門をモチーフとした大きな門柱状の柱と下見板のデザインを取り入れたガラス壁を配し、内部の仕上げには地元の天草石や肥後表のタペストリー、杉板の天井を使用している。

工事竣工年 2011
建築主 独立行政法人鉄道建設・運輸
施設整備支援機構
所在地 熊本市西区春日三丁目
主要用途 駅舎
構造/規模 鉄骨造・鉄筋コンクリート造/3階
延床面積 13,419㎡
受賞 2011年 鉄道建築協会賞
作品部門 入選
back-to-top