肥薩おれんじ鉄道 にぎわい交流館 阿久根駅

作品情報

昭和24年に建てられた木造駅舎が、耐震補強を行った上で増改築を行い、「にぎわい交流館 阿久根駅」として蘇った。コンセプトは、観光客への「まちの迎賓館」、そして市民にとって憩いと交流の場としての「まちの公民館」。デザインは水戸岡鋭治氏。木質調の内装は、落ち着いて寛げる空間となっている。また、増築部は、接合部をホームコネクター工法とした半剛接合木造であり、木の香り漂う明るい開放的な空間となった。

工事竣工年 2014
建築主 阿久根市
所在地 鹿児島県阿久根市栄町
主要用途 駅舎
構造/規模 木造/1階(一部中2階)
延床面積 470.44㎡
受賞 第2回かごしま・人・まち・デザイン賞
都市デザイン部門優秀賞
2015年 鉄道建築協会賞
作品部門 推薦 地域との連携
デザイン ドーンデザイン研究所
(水戸岡鋭治氏)
back-to-top