仙台市地下鉄東西線 連坊駅

小路の記憶

作品情報

2015年仙台市に開業した地下鉄東西線の駅である。今でもその名が残る「連坊小路」を意識しながら、縦格子をモチーフに、素材とその並びによって永い時間をかけて築かれた下町の風景を表現した。庶民的な日本家屋の小屋組みを連想させる梁形や、木調のルーバーをアクセントとし、間接照明を効果的に取り入れることで、温かく親しみを感じさせる空間をつくり出している。

工事竣工年 2015
建築主 仙台市交通局
所在地 宮城県仙台市若林区連坊
主要用途 地下鉄駅舎
構造/規模 地下:土木構築(鉄筋コンクリート造)・地上:鉄骨造/地上1階・地下2階
延床面積 約4,300㎡
back-to-top