日比谷グルメゾン

100年レンガアーチ高架橋との調和と対比

作品情報

日比谷グルメゾンは、有楽町新橋間のJR高架下のうち、帝国ホテルに近いエリアに開発された商業施設である。100年の歴史を持つレンガアーチ高架橋との、調和と対比をコンセプトとし、鉄骨トラスフレーム(アイアンフレーム)やサイン壁面、土木躯体のライトアップ等により、特徴的な外観を形成している。同時期に開業した日比谷OKUROJIとともに、周辺地域に新たな商空間を提供する施設となっている。

工事竣工年 2020
建築主 東京ステーション開発株式会社
所在地 東京都千代田区内幸町
主要用途 飲食店
構造/規模 鉄骨造/平屋
延床面積 883.93㎡
備考 デザイン協力:株式会社SUPERBALL
写真協力:小野寺宗貴
back-to-top