先輩の声

交建設計働く先輩たちのお仕事内容や仕事のやりがい、思い出深い仕事を集めてみました。

野元麗生

本社 第二設計部

野元麗生

理工学研究科 建築学専攻修了
(2015年入社)

入社までから現在までの仕事を教えてください。

入社1年目で橋上駅の建替え新築工事に携わりました。実施設計から監理業務まで、建物ができるまでの一連の流れで仕事に関わっております。
2年目以降は橋上駅舎の監理業務と並行して、高架下店舗、共同住宅の実施設計など、タイプの異なる物件に幅広く取り組んでいます。

思い出深い仕事を教えて下さい。

現在まで引き続き監理業務で携わっている入社当初の橋上駅舎の仕事では、入社してすぐにデザイン提案から携わりました。
そのまちのイメージを膨らませてコンセプトを立てデザイン提案に取り組み、自分の提案したデザインが最終的に採用されたときは、この仕事をしていくうえで少しでも自信つながりました。
これまで携わってきた仕事でまだ完成した物件がないため、仕事として初めてのデザインがパースで立ち上がり、電車の中の広告で見かけたときは、感慨深いものがありました。
現在は、監理業務に入り、実際に建ち上がっていくものを見ることができるため、建築という行為を改めて実感しております。

仕事のやりがいは、どんな時に感じますか。

自分が提案したものが採用されたり、建物のコンセプト・イメージ等に合わせて具体的に仕上げ材を選んだりしている時など、やりがいを感じます。
また、実際に建物が出来上がってきたときに、自分が思い描いていた通りに出来た部分もありますが、現場で気付くこともあり、設計の難しさも感じつつ、対応することに面白さも感じます。
また、特に駅が絡む物件は建築基準法上特殊であるため、法の解釈が難しいことも少なくありません。
その時に試行錯誤をしながら条件をクリアしていくことは、普通の建築物の設計では無い面白さがあると思います。

沼澤鷹樹

本社 第二設計部

沼澤鷹樹

工学部 建築学科卒
(2015年入社)

入社までから現在までの仕事を教えてください。

入社当初は、様々な駅の改修設計に携わりました。
主に東北地方の案件が多く。東北出身の私にとっては、とても身近でやりがいのある仕事でした。
実際の現地調査からどのように設計を行っていくのか、既存図面を参照しながら丁寧に知ることが出来ました。
現在は、橋上駅の設計に携わっています。
デザイン提案による基本設計から実施設計に向けた図面の作成、お客様や協力外注、メーカーとの打ち合せなど初めてで分からない事が多くある中で、改めて「人に伝える」という事の難しさを強く感じています。

思い出深い仕事を教えて下さい。

私が大学時代に通っていた駅の、一部改修設計に携われたことです。
自分が行っている仕事が、誰かの生活の一部になっている事を意識させられると共に、公共施設の建物に携わる意義や責任というものを深く考えさせられました。

仕事のやりがいは、どんな時に感じますか。

提案したデザイン案をお客様に採用していただいた時です。
その案がかたちとなって、お客様が利用している姿を見たときは、もっと工夫できる箇所があったと反省すると共に、自分が携わった空間が出来上がるという事に素直に感動しました。

林大輔

本社 電気設計部

林大輔

工学部 電気電子工学科卒
(2014年入社)

職場の雰囲気はどうですか。

部長等の役職を持っている人でも話しやすい雰囲気があり、意見を言いやすい環境があります。
1物件は少人数でチームを組み「基本設計~実施設計~工事監理」を一貫して行うため長いときは2~3年同じチームで対応する事もあり、一緒に物件をやった人とは特に仲良くなります。
任意参加のフットサル等のサークル活動もしており、仕事で接点のない人とも話しやすいと思います。

仕事のやりがいは、どんな時に感じますか。

顧客の言葉に出来ていない部分を感じ取り、顧客の要望を引き出せ図面化し、竣工できた時に達成感があります。
その様なときは顧客にもとても喜ばれ次の仕事に繋がっていると感じています。

ワークライフバランスの工夫はどうしていますか。

前職に比べ残業時間が大幅に減ったので特に意識をせずやれています、業務が重なる時は工程を上手く割り振り出来るだけ業務が同時期に集中しない様にしています。

思い出深い仕事を教えて下さい。

最近の工事は改修工事が多く、施設の全てを工事するのではなく一部営業を続けながらの工事が多くなっており、営業を続けながらの工事を考慮した設計は難易度が高く苦労します。
しかしそういう案件ほど上手く収めた時は思い出深いです。

大和田孝史

本社 設備設計部

大和田孝史

理工学部 大学院卒
(2016年入社)

入社までから現在までの仕事を教えてください。

空調・換気・衛生の設備設計を行っております。
入社当初は、空調・衛生の計算について一通り行います。
先輩方から教わったり、講習を受けたりしました。
計算用のソフトもあるのでそれについても使い方を覚えます。
学生時代に学んだことに通ずると思います。
計算ができるようになったら実際に物件を持つようになります。
入社当初は待合所や寮などを先輩の下について携わります。
2年目では小規模駅舎などを概ね一人でやるようになります。

仕事のやりがいは、どんな時に感じますか。

計算し、平面で描いたものが立体として出来るまでの過程に、設計、監理という形で関わることができることに面白さを感じています。
また教本通りに計算したとしても現場では違ったりするので、試行錯誤し次はより良いものにしようと言う意欲が沸き立つこともやりがいがあるからではないかと思います。

思い出深い仕事を教えて下さい。

入社してまだ2年ですので、大きい物件はやっていませんので思い出深い仕事となりますと入社当初に先輩の下について初めての物件と単独で初めての物件の2点です。
物件その物の思い出というよりは初めてのことが多く印象深かったとおもいます。
施主側の導入したい設備がその物件の条件では厳しく新しい提案を考える事になったのですが、何分初の仕事だったものでいろんな物を調べ検討して大変だったのですが、同時に広く学べた結果となり良い仕事であったと感じています。